占い師として採用されるために必要なこと

占い師を募集しているところの多くでは採用のための審査があります。
この審査を通過して採用されるためにはどうしたらいいのでしょう。
占い師として採用されるためには様々なポイントがあります。

占い師の採用

占い師として採用されるために必要なことについての話を紹介しています。

応募のポイント

占い師になりたいと思っているのなら、まずはどんな占い師になるのか、方針を定めなければいけません。方針を決めることによって、自分の行動にも一貫性が出てきます。
占い師募集に応募すると、スタッフと話をする機会が幾度も訪れると思います。その時に、信用性のある口調、バレるような嘘を吐かない、矛盾がない筋の通った納得できる説明をすることを心がけてください。スタッフは占い師としては当然、一人の人間としても見ています。人間的にふさわしくないと思われればそれだけで採用の確率が下がります。
また、自分の能力が少数派か多数派かで率も変わってきます。応募先に自分と同じ能力の人がどれほどいるのか、レベルはどれくらいなのかということです。例えばタロットや西洋占星術といったメジャーな占いは使える人もいっぱいいるので、採用するとしたらレベルの高い人となります。これが透視とかなら希少な能力なので重宝されるかもしれません。さらに、鑑定した時の言葉遣いや相手を信用させられるか、的確なアドバイスができるかどうかも判断基準です。
占い師になるならまずは占い師募集に応募しましょう。応募ですが、いろいろ探してみて、自分が求められているような占い師がどうかの判断も的確に行ってください。自分にあったところを選ぶことで採用率も上がるのでおすすめです。

占い師を目指して頑張る

私は某所で占い師として活動しています。これは経験談になりますが、占い師を目指している人に是非とも聞いて欲しいことがあります。みなさんも気になっているとは思いますが、占い師の採用率についてお話したいと思います。
最近占い師という職業は人気が増して来ています。近年の占いブームもあり、占い師の需要も高まり、もともと占い師だった人はもちろん、やってみたいと興味本位で目指す方も多いです。そのため、占い会社などの募集に対して倍率がとても高くなっているので、現状採用はかなり厳しかったりします。しかし、元はそんなに採用自体は難しいものではないはずなので、しっかりと知識や技術を身につけて、適切な鑑定ができればチャンスはあります。
本気で占い師を目指している人はたくさんいると思います。その中で戦っていくのは非常に大変だと思います。しかし、採用率や周りの占い師などを気にせずに、自分なりの努力をすれば自ずと良い結果になると思います。私もその一人でした。周りの力に押されて諦めかけたこともありましたが、自分は自分、出来る限りのことをしようと思ってい挑んだ結果が今の占い師としての私です。是非とも本気で占い師を目指している皆さんにはこれを参考に頑張ってもらいたいと思います。